Posted by at

2009年05月30日

ホタル:いっぱい飛んで ビオトープで観察始める

  直方市溝堀の自然環境学習施設・遠賀川水辺館を拠点に活動する青少年博物学会(YNHC)が、施設横に築いたビオトープ(自然を復元した生物の生息空間)「春の小川」(長さ約300メートル)で飼育しているホタルの観察を今年も始めた。
 YNHCは地元の中高生らでつくるグループで、遠賀川をテーマにした環境学習や清掃活動に自主的に取り組んでいる。ホタルの観察・繁殖はこの活動の一環で、今年4年目。昨年初めて、ホタルの飛翔を確認した。
 今年は3月、ネットで小川の一部を覆った後、幼虫174匹を放流した。今月21日に観察を始め、メンバーが毎晩交代で水温計測やホタルの飛翔数の記録を続けている。1日平均3・6匹を確認しており、25日は今年最多の10匹を記録した。
 28日夜も小雨が降る中、メンバーの鞍手高2年の早田亜季さん(16)と同1年の永井智仁さん(15)が雄雌2匹を確認した。早田さんは「昨年より多く飛んでくれれば」。今年初めて観察に参加する永井さんは「いろいろ勉強したい。きれいになった遠賀川で泳ぎたい」と語った。


[毎日新聞ニュース]より


 幻想的な蛍の光は、ぜひとも、子供たちに見せたいですよね。この豊かな自然の中で、成虫になって、私たちを楽しませてくれるといいですね。青少年のすばらしい活動を心から応援しています。

FX会社
   


Posted by lot at 14:33日記

2009年05月20日

鴻池前官房副長官を除籍

 週刊誌に知人女性との宿泊旅行を報じられ、引責辞任した鴻池祥肇前官房副長官(参院兵庫選挙区)について、自民党兵庫県連が除籍処分を決めたことが20日、分かった。党本部には文書で報告した。同県連によると、所属国会議員の除籍は過去に例がない。

 県連によると、19日に緊急役員会を開き鴻池氏の処分を検討。政府が新型インフルエンザ対策本部を設置した日に旅行に出発していたことに批判が集中し、最も重い除籍処分を決定した。今後、県連として鴻池氏の政治活動を支援することはないという。

 県連の五島壮幹事長は「女性問題というより職務放棄に当たり、内閣支持率にも影響しかねないとの意見が大半だった。重い決定だが、反対や慎重論はなかった」と話している。

 鴻池氏は4月下旬、知人女性と静岡県の熱海温泉にゴルフ旅行に出かけた際、国会議員に与えられるJR無料パスを使用したと報じられた。鴻池氏は事実関係を認める一方、「健康上の理由」で官房副長官を辞任した。

[産経新聞ニュース]より

 
 開き直った発言内容からも、内閣官房副長官を辞するどころか、議員を続けていることすら不快感を持っている有権者も多いと感じますので、除籍は当然といってもおかしくないと思います。ついでに議員辞職も求めていってはどうでしょうか?  


Posted by lot at 12:10日記

2009年05月12日

小沢代表が辞意を表明

 小沢一郎代表は、11日夕党本部で緊急記者会見を開き、挙党態勢をより強固なものとし、総選挙での勝利、悲願である政権交代へのマイナスを少なくするために、「あえてこの身をなげうち、民主党代表の職を辞することを決意した」と表明しました。

 冒頭、小沢代表は、「挙党一致をより強固にするために」と題するメモを読み上げ、代表職辞意表明に至った考えを表明しました。

 その後、記者の質問に、辞任を決断したのは連休中であること、結果として代表職にとどまることで、党内が不安、不安定になってはいけないことが理由であると答えたのでした。

 政治資金に関する質問については「政治資金に関しては、私は一点もやましいことはない。きちんと法に則り処理している」と答えています。

 また、総理になることを期待していた人もいるのではとの質問に、「何になるかということは、自分にとって問題ではない。長期の腐り切った政治を変えなければならない。それができれば、本懐。国民サイドに立った政治、議会制民主主義の定着ができれば、男子の本懐であり、政治家としても本懐」と答えました。

  今後の政局に注目ですね。
  


Posted by lot at 14:07日記