Posted by at

2010年02月22日

3歳児死亡 体にあざ 

 福岡市博多区博多駅前のマンション5階に住む林実音子(みねこ)さん(21)方で20日午後9時半ごろ、同室に住む仁井内(にいない)愛音(あいね)ちゃん(3)が動かなくなっているのを、実音子さんの夫(21)が見つけた。愛音ちゃんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。愛音ちゃんは全身にあざがあり、博多署は、虐待の可能性もあるとみて、愛音ちゃんが死亡した経緯を調べている。

 発表によると、愛音ちゃんは、実音子さんの前夫との子。頭、腹、背中など全身に内出血のあとがあるという。

 愛音ちゃんの異変に気付いた夫が、近くに住む男性に「子どもが呼吸をしていない。電話を貸してほしい」と依頼。この男性が「女の子が呼吸をしていない。父親が心臓マッサージをしている」と119番通報した。愛音ちゃんは風呂場の前に横たわった状態だったという。女児が搬送されるのを目撃した男性(42)は「裸で救急車に乗せられていた。父親らしき男が、ぼうぜんと見つめていた」と話していた。


[西日本新聞ニュース]より


 また虐待のニュースですね。母親の資格がないのに、若くして子供を産んでしまった悲劇といえるのかもしれません。こういった事件はなくならないのでしょうか?子育てをしている人たちには、理解できないとは思いますが、どこかに子供にあたってしまう親の姿も見えなくは無いとも言えます。  


Posted by lot at 09:14

2010年02月12日

飲酒元警官に実刑 

 北九州市で昨年6月、飲酒運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)の罪に問われた福岡県警小倉北署の元警部補、矢鳴秀美被告(56)=懲戒免職=の判決公判が12日、福岡地裁小倉支部であり、重富朗裁判長は「飲酒運転を取り締まる側である警察官の犯行は、厳しく非難されなければならない」として求刑通り懲役6月を言い渡した。

 判決理由で重富裁判長は「犯行当時、水やジュースを飲んで証拠隠滅を図るなど犯行は悪質」と指摘。「具体的な根拠もないのに飲酒検知器が不良な上、検知手続きが不当であるなどと主張しており、反省のかけらも認められない。償わせる必要があり、実刑に処するのはやむを得ない」とした。弁護側は控訴する方針。

 判決によると、矢鳴被告は昨年6月16日午後5時前、同市若松区の県道で、呼気1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコール分を含む酒気を帯びて乗用車を運転した。



[西日本新聞ニュース]より


 まったく警察官としてあるまじき行為ですね。凶悪犯罪でないことがせめてもの救いです。弁護側の控訴の理由が知りたいところですが、何か言い訳でもあるのでしょうか?  


Posted by lot at 16:18

2010年02月02日

新・八女市スタート 

 福岡県八女市が黒木、立花両町、星野、矢部両村と編入合併して1日、新しい八女市が誕生しました。本庁となる八女市役所では開庁式、旧町村の役場では支所などの開所式がありました。市域面積は約482平方キロで県内2番目となりますが、合併した旧4町村はいずれも山間部にあり、65歳以上の割合が30%以上です。住民たちは新市の門出を祝う一方で「過疎化が進むのでは」と不安ものぞかせています。

 約150人が出席した八女市役所の開庁式で、三田村統(つね)之(ゆき)市長は「安全で安心して住めるまちづくりを進め、一日でも早く1市2町2村の心の垣根を取り除きたい。新しい八女市のブランドを確立し、全国での存在感を高めたい」とあいさつしました。地元在住の歌手ダニー馬場さん(49)が新市をイメージして作った曲「希望のふるさと」を熱唱し、くす玉が割れると祝福ムードに包まれました。

 旧立花町の下辺春小学校の朝礼では、秋山正司校長が手作りの新市地図を見せ「今日から、みなさんは県内2番目の広さの新・八女市の市民になります。一緒に新しいまちの名前を練習しましょう」と呼び掛け、全校児童38人が「八女市立下辺春小学校」と声をそろえたそうです。  


Posted by lot at 16:43