2010年10月09日

地下鉄運転中に漫画読む

 福岡市交通局は8日、市営地下鉄の男性運転士(40)が運転中に漫画雑誌を読んでいたと発表した。
 交通局によると、この運転士は7日午前、姪浜発福岡空港行き普通電車を運転した際、姪浜駅から6駅先の赤坂駅まで、停車時間を除く約9分間、運転しながら月刊少年マガジンを読んだ。雑誌は乗客が車内に放置したもので、廃棄するために一時的に運転室の棚に置いていたという。
 複数の乗客から同日、「運転士が漫画を読んでいた」と電話などで指摘があり、確認したところ、認めたという。
 電車は通常、自動列車運転装置で加速や減速しているが、運転士は前方を注視して異常があればブレーキをかけるなどしなければならない。
 交通局は「信頼を損なう行為で、深くおわび申し上げる」と謝罪。運転士は既に乗務から外しており、今後、厳正に処分する方針。全乗務員に安全に関する教育指導も実施するとしている。 



[時事通信ニュース]より



 最近は、こういった不祥事は周りからの指摘や通報で明るみに出ることが多いですね。公務員や公的機関に勤める人たちは、周りの目を意識して職務にあたって欲しいですね。というより、周りの目を意識しなくても、通常通り職務を遂行すれば問題はないはずなんですが・・・。



デクレオール