2010年11月22日

白鵬の連勝「63」でストップ

 大相撲九州場所(福岡国際センター)2日目の15日、横綱・白鵬(25)=宮城野部屋=が結びの一番で平幕の稀勢の里(24)=鳴戸部屋=に寄り切りで敗れた。今年1月の初場所14日目から続いた連勝は「63」で止まり、元横綱・双葉山が持つ最長連勝記録「69」にはあと6勝、届かなかった。

 白鵬は9月の秋場所7日目に54連勝を達成し、元横綱・千代の富士を抜いて昭和以降単独2位に立った。連勝記録を「62」に伸ばし、双葉山の記録にあと「7」に迫って迎えた九州場所の初日では、小結の栃ノ心を破って63連勝を記録する順調な滑り出し。江戸時代の第4代横綱・谷風が1778~82年に作った連勝記録に並び、後は双葉山の記録を残すのみとなっていた。

 金星を挙げた稀勢の里の最高位は関脇。大関候補の一人とされている。



[毎日新聞ニュース]より



 大記録は時間の問題かと思っていましたが、残念でしたね。勝った稀勢の里は大関候補ですし、横綱を破りそうな力士でしたから、大記録をストップさせるには適役だったとも言えそうですね。相撲の内容でもスピードで圧倒してましたから、横綱も納得しているかもしれませんね。



ノンエー 口コミ